最低限のマナー

浮気の最低限のマナーについて、最初は軽い気持ちで浮気を始めたのかもしれない。嘘から始まるケースもある。そこまで最初は続ける気持ちはないために、結婚している子供がいることを伝えずに始めたケースもある。
しかし有頂天になっていき、お互い少しずつ気持ちが近づき始め、嘘をついていたことを嘘と言えないことがある。相手に嫌われないために嘘に嘘を塗り重ねるケースがある。相手に嫌われたくない一心で、悲しませたくない一心で嘘が膨らむケースもある。
しかし最低限のマナーとして嘘をつくのは最低限にしておいたほうがいいし、結婚していることや子供がいることは嘘をつくべきことではない。早めに話すのが最低限のマナー出る。
浮気がバレること、それは悪い偶然が積み重なり、そしてバレるケースが多い。しかし本当はバレて当然のことをしているのだと自分で認識したほうがいい、嘘が嘘を呼び、そして本当のことを言い出せなくなると、周囲の人を傷つけることにつながるのだ。
そのため、周囲の人を傷つけることがないようにするためにも、嘘は最低限にとどめておき、伝えなければいけないことはきちんと伝えるべきである。付いていい嘘、付いてはいけない嘘があることを理解しておくべきである。
相手が嘘をつかれていたことを知ったとき、どのような気持ちになるのか、嘘をつかれた相手が嘘だとわかったとき信頼をどう失うのか、どう思うのか、それを理解しておく必要があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>