浮気に対しての罪悪感

浮気のマナーとして罪悪感を持つことは重要なのか。罪悪感は他人、自分に対して、悪いことをしたのではないか、申し訳ないという気持ちである。自分に対しての罪を攻める意識を罪悪感という。罪悪感には2種類あるといってもいいだろう。
罪を犯したことに対して恐れる気持ちと不安感。悪いことをしているので、罰がいつかあるのではないかという気持ちがある。後ひとつは、罪を犯した人が自分の立場を認め、許してくれたとき、自分の罪が大きかったことを悔やむ意識である。キリスト教における懺悔がこれに当たる。
これらのことからして、罪悪感を持ちやすい人が浮気をすれば自分で過剰反応をし、そして周囲の人を傷つけた、怒らせたとして追い込む可能性がある。マナーとして浮気、不倫は良くないことであるという認識を持つことは大事である。しかしヘタをすれば、自分自身がボロボロになってしまい、精神的に潰れてしまうことがあるため、罪悪感をあまりにも強く持つ人は浮気には向かないので注意が必要である。
浮気を悪びれずに行うことは決して良くないことである。罪悪感を抱くことはもちろんある程度必要である。これはするにあたってのマナーとも言える。しかしあまりにも強い罪悪感を抱くことは、良くない。
何のために外に息抜きをしに出ているのか、癒しを求めているのか、本末転倒になる可能性があるために注意が必要である。精神的に追い込まれて身も心もボロボロになってしまう可能性があるため注意が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>