簡単にはできない浮気を続ける秘密とは!?

- 浮気は誰でもできるものではない

更新情報


浮気は誰でもできるものではない

浮気は誰でも相手さえいればできるものだと思っている人も多いだろう。
しかし相手がいれば誰でもできるわけではない。
相手がいたとしてもお互い浮気に向いているタイプでなければ続かないのである。
向くタイプ、向かないタイプというのは必然的に決まっているのである。

それを理解していなければ向かないのに無理をして障害のある恋愛をしたがために、後でトラブルになったり、長くは続かないことが多い。
また、バレてしまってトラブルや家庭を崩壊することにもつながりかねないために、向き不向きは相手探しの際から考えたい。
またあなた自身も浮気に対して罪悪感をあまりにも感じるような性格であれば、やらないほうがいいだろう。
その罪悪感に苛まれてしまい、そして自分崩壊へと進むこともあるからだ。
どちらにしても誰でも相手さえいればすぐにできるという認識を持っている場合には、その認識は違っているのだということを再確認したほうが良さそうだ。
実際始めた人もこれほど大変なものとは思ってもみなかったと答えているケースはとても多い。
それだけパワーもいるのだ。
普段使わなかったところにウソをつかなければいけないし、普段気にしなかったところにまで気を使う必要が出てくるために、とても大変である。
普段からあちこちにアンテナを張り巡らせている人や、普段から気を使うことに注意を払っている人ならいいが、そういった面で無頓着な人は向かないだろう。
また、障害があるが、普通の恋愛と違わないのである。
確かに障害もあるし盛り上がるだろう。
しかし相手に対しても経緯を払わなければいけなかったり、最低限のマナーをお互いが守らなければこの関係鼻緒のこと続かないのである。
お互い既婚者の場合は、ルールは必ず必要だ。
しかしお互い既婚者の方がまだいいのかもしれない。
お互い既婚者なら、お互い家庭があるために同じ土俵に居るので、それほど不便や不自由なことは感じない。
むしろ同じ土俵だからこそ理解できることもあり、何をしてはいけないのか、それが明確になっているはずである。
しかし注意しなければいけないのは、どちらかが、既婚者でどちらかが独身の場合である。
この場合は、明らかに既婚者は自由が制限されているし、抱えているものは大きい。

その反面で独身は自由であり相手のことばかり考える時間もある。
よって、相手に迫ったり、相手に無理なことをいうこともあるのだ。
相手が連絡を取れないと決めた時間帯に連絡を迫ったり、様々なことを要求してくる可能性もある。
つまり、お互いの土俵が違っている場合は、それなりに、ルールをしっかりとあらかじめ決めておかなければお互い都合のいい関係、居心地のいい関係を持つことができないのである。
相手に対してのマナー、そしてお互い最低限のマナーやルールを守ること、それがお互いいい関係を続けることには必要である。
お互いが理解して、お互いが日々気をつけてこれを実行することができなければそれは必ずしもうまくいくとは限らないのだ。
少しの配慮があればもっと関係は居心地のいいものになったかもしれない、そう経験者は語る。
経験者は、この経験を通して様々なことを考えてきたのだろう。
お互いによってこの経験は大きなものとなっているはずだが、これからも居心地のいい子の関係を続けていこうと思ったら、きちんと理解を最初にしておくべきである。
嘘をついて相手に既婚者であることを伝えないという人も希に居るが、これはもってのほかである。
嘘をついていい嘘とついてはいけない嘘があることは知っている人も多いが、この嘘は、後でトラブルを招く恐れもあるために、最初にうっかり付いてしまったのであれば早めにウソだったとカミングアウトしたほうがいいだろう。